仏壇物語

仏壇物語では、当社でお仏壇をご購入いただいたお客様とのエピソードをご紹介しています。もちろん美談ばかりではなく、反省改善の毎日で、一日一日が勉強です。そんなお客様とのやりとりから当社のお客様に対する気持ち、意気込みが伝われば嬉しいかぎりです。


日本の仏教が危ない?

 以前に東京の池袋で飛騨高山展の展示会に参加し、当社のお仏壇を出展させて頂きました。黒檀仏壇の多い地区ですが、金箔の仏壇はとても珍しがられました。
その時の話です・・・・。
 ある人に「君が入るのならどの仏壇が好き?」と聞かれました。
私は「死んだらこの中ではなく、入るとしたらお墓でしょうね」と答えました。
 仏壇の仏は「ほとけ様」のことなのに、勘違いの人が多いですね。その宗派の御本尊を中心に祀ります。お釈迦様、阿弥陀様、大日如来等々です。キリスト教に置換えると、イエス様ということかな。
(もちろん印として位牌又は法名軸をおかざりはしますが)
 またある人は「先祖供養は長男がしてるから、しなくていい」としっかりとした口調で言われた。その人には先祖いないのかな? 誰から生まれたの?と、感じてしまった。もう少しのところで、「じゃ、宇宙からいらっしゃったのですか?」と言いそうになった。

 都会ほどこういう現象が多いですね。先日、ヨーロッパへ仏教を広めるための募金の話がきました。海外もいいけど、日本を見捨てないでほしい。日本の仏教が危ないのに・・・・。


仏壇物語の一覧に戻る

有限会社  仏壇工芸ほりお  〒506-0807  岐阜県高山市三福寺町369-7
TEL(0577)33-6686  FAX(0577)36-5663  E-MAIL