仏壇物語

仏壇物語では、当社でお仏壇をご購入いただいたお客様とのエピソードをご紹介しています。もちろん美談ばかりではなく、反省改善の毎日で、一日一日が勉強です。そんなお客様とのやりとりから当社のお客様に対する気持ち、意気込みが伝われば嬉しいかぎりです。


まいった!いゃ〜まいった!!

 一昨年前の木工連祭典の時でした。一組の御家族の中に、そのお婆さんの姿はありました。にこやかな笑顔に魅せられながら、展示仏壇の案内をしていた所「これだけしかないのですか」と聞かれ「お店の方にはまだまだ沢山ありますよ」と答えました。見てみたいとの事で早速お店へご案内いたしました。
 自宅に有る物より少し大きくしたいとの希望で、予算に合う100代の御仏壇にしたいとお婆さん。ところが、「お店のお奨めは?」の息子さんの一言で、少しお高くなりますが6尺仏間に会う200代小型(幅110cm)の御仏壇を提案しました。同じ買うなら良い物をと、予算の不足分は息子さんが協力することで一件落着。ここまでは良かったのですが・・・。
後日下呂の御自宅に伺いドッキリ! なんと仏間は2階にありました。そして廊下にスケールを当ててみると御仏壇と通路の隙間はわずか1センチ! さらに、幅いっぱいの廻り階段でした。
 そして納品当日、御仏壇の到着を喜ぶお婆さんをまえに、階段踊り場には前日にスタンドの人が入れたという満タンの100P灯油タンク!! 目を合わせる職人たち。な・なん(難)としても収めなければ・・・。
 まず灯油タンクの移動、次に御仏壇、腰を曲げ、顔をゆがめ、階段を上がる。やっとの思いでなんとか仏間まで。飾り付けや取り扱いの説明が終わると、またまたお婆さんの満面の笑みをいただき、忘れられない1日となりました。


 苦労が有ればあるほど御客様からの“ありがとう”の言葉に重みや喜びを感じます。毎日の努力を怠らず、明日からの活力にしたいと思いました。

                                                  記 千代留一成


仏壇物語の一覧に戻る

有限会社  仏壇工芸ほりお  〒506-0807  岐阜県高山市三福寺町369-7
TEL(0577)33-6686  FAX(0577)36-5663  E-MAIL