仏壇物語

仏壇物語では、当社でお仏壇をご購入いただいたお客様とのエピソードをご紹介しています。もちろん美談ばかりではなく、反省改善の毎日で、一日一日が勉強です。そんなお客様とのやりとりから当社のお客様に対する気持ち、意気込みが伝われば嬉しいかぎりです。


おめでたいお仏壇

 高山市内のお話です。「これいいですね」と、ご主人の一言から会話が始まりました。当社の手造り限定品を一目惚れされたそうです。それから私はその仏壇が総桧造りであり、手打ちで作った金具であることや、金箔や塗りの細かい説明をさせて頂きました。「やっぱりいいね」と、今度は奥様からのお言葉でした。
 納品の時でしたが、嬉しかったことが3つありました。1つは、「買うならほりおと決めていた」と、お話をいただいたことでした。2つ目は分家さんであり、ご家庭に亡くなられた方がいないのに、宗教心が厚く、ご先祖様への想いも深く、お仏壇をお求めになられたことでした。そして3つ目は家族全員で写真を撮りたいということでした。ご本尊をお迎えし、それはとても和やかな雰囲気で、『おめでたい1日』となったようでした。のちに拡大した写真の印刷も頼まれました。お部屋に飾るそうですが、こんなすばらしいお仏壇の役割もあるものですね。
 その後、GWにはお坊さんに来てもらい、分家の息子さん達を集めて身内だけの入仏法要を営まれましたそうです。その息子さんから頂いたのし袋には『お祝』と書かれてあったそうです。


 また、雑談の中で、奥様の実家が長野県の、ある町ということでしたが、そのご近所の知人のお宅へ、数年前にお仏壇を納品していたことが分かり、その偶然に驚かれていました。親戚に息子さんの友人がいたり、同級生がいたりして、いろんなご縁があり、人と人の繋がりの大切さをあらためて感じました。


仏壇物語の一覧に戻る

有限会社  仏壇工芸ほりお  〒506-0807  岐阜県高山市三福寺町369-7
TEL(0577)33-6686  FAX(0577)36-5663  E-MAIL