仏壇物語

仏壇物語では、当社でお仏壇をご購入いただいたお客様とのエピソードをご紹介しています。もちろん美談ばかりではなく、反省改善の毎日で、一日一日が勉強です。そんなお客様とのやりとりから当社のお客様に対する気持ち、意気込みが伝われば嬉しいかぎりです。


お寺のお内仏製作

 そのお寺は高山市内の母の実家のお手継ぎ寺でした。
90歳を超えたお婆さんは健在で、大きな声で元気良く話され、今も尚お寺をしっかり守ってみえます。
母の幼少の頃から可愛がっていただいた方ですが、今でも「お母さん元気ですか」と声を掛けてくださいます。先日も何十枚も紙を折り重ねた夫婦の鶴の飾り物を頂きました。
 現在の住職は先生を退職され、地元の歴史や文化の研究をしてみえます。
そんな折、お寺のお内仏の製作を依頼されました。簡易的な段はありましたが、シンプル且つ、重みが欲しいということでした。最初にイメージをお聞きし、おおまかな図面をご提案したところ、ご住職も図面を作ってみえました。なんとデザインはほぼ一致していて驚いたことを思い出します。


 写真のように、中段や上段は面積が広く反射するので、鏡面のように仕上げるのに随分気を使いました。
金張りの壁ですが、仏様が引き立つ落ちついたお内仏が完成しました。
 お寺へは何人かの担当職人が出向き、採寸、金箔貼り、組立の人と出入りしましたが、最後に住職さんから「どの人も良い職人さん達ですね、親切で丁寧で、人柄も良くて・・・」等と、誉めていただきました。とても嬉しかったです。
 翌朝の朝礼で皆さんに早速報告しましたが、皆が喜べる気持ちの良い仕事となりました。この全てのご縁に感謝いたします。高山市内では5件目のお内仏のご縁です。


仏壇物語の一覧に戻る

有限会社  仏壇工芸ほりお  〒506-0807  岐阜県高山市三福寺町369-7
TEL(0577)33-6686  FAX(0577)36-5663  E-MAIL